たったの1商品

半年間で80万円以上突破!今も更新中。

LINE@でブログ開設 資金0で10万円を稼ぐ技公開ゴー

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【Amazonで2011年から売れ続けてる確信本】

この成功バイブルだけは絶対見逃すな

Amazon保留テロ・返品テロー被害規模は?

2018年1月11日

横着者のほくとでございます。

二つ名を一流の怠け者から横着者に変えました。

怠け者ではありますが、横着者ってワードの方がぼくに

ぴったりなワード。

 

 

さて。

先日、組織化の記事でAmazonでトラブった話をさらっとしました。

今回はそのことについて。

どんっ

Amazon保留テロ

 

一言だけ先に言わせてください。

SHIT!!

SHIT!!SHIT!!!!

 

・・・・大変失礼しました。

 

えーかれこれぼくは

保留テロの被害は2回目。

本当にストレスがたまります。

1回目は明らかに嫌がらせで、根拠もありました。

考えても仕方ないし、捉われすぎて考えすぎて行動しない。

というのがテロリスト達の思うツボだなと思い、一種の

洗礼だと考えて割り切りました。

商品自体もFBAそうこに戻りましたs。

 

しかし、今回は許しがたい、地獄に行ってほしいほど

いやなやり口でした。

何かと言うと、FBAで扱っていた賞味期限のある食品を返品され

FBA倉庫に戻った時には商品の賞味期限が45日を下回り

FBAで販売ができない。

 

本当にいやなやり口だな。と。

ここまでくると被害妄想も膨らんで、作業が円滑にならず

滞ってしまいます。精神的にきます。

 

幸い、ミニサイズながら組織としてやっているので

ビジネスが完全ストップしたわけではないですが

会社を退職してから1番ストレスがやばかったです。

 

ストレスをダイレクトに直面することを避ける術も

身につけなくてはな。と思う事態でした。

 

例えば一般のお店なら、食品の返品などは売り手に問題がない限り

なかなか起こらないはず。

しかし、ネットで相手の顔が見えない。Amazonは購入者側に付きガチ。

このモデルである限り、絶対回避は難しいな。

 

そんなこと気にしない!くらいの規模感で2018年はぶっ飛ばします。

 

やってやりましょう!!!!!!