たった『 1商品のみ』で  遂に100万円以上突破!!今も更新中。

【 人生初 】スカイププチコンサル

【 人生初 】スカイププチコンサルティング

 

 

最小限の労力と時間で楽しく稼ぐ。

横着者ほくとです。

 

今日ぼくのチームの外注スタッフさんと初めてスカイプやりとりしました。

スカイプで悩みなど聞いて、ぼくのパソコン画面を共有してスタッフさんが何につまずいているのか。

いろいろと収穫がありました。

 

今まで1年間ほど、スタッフさんとは一緒にビジネスしているのですが

実は今回・・・・

初めて声を聞いての会話。

 

 

ネットビジネスの世界ではお互いの顔を知らないって結構普通なのですが、

ちょっと無機質ですよね。クラウドワークスとかランサーずとかネットの求人で相手の顔って知らないですよね。

もっと身近なとこでいえば、Amazonはじめ、ネットで買い物する方多いと思いますが、

どんな人から買ってるかって知らないですよね。

 

 

うちのチームは毎日外注さんと連絡のやりとりしているので何か特別なことがあったわけではないですが

改めて、ちゃんと会話することは大切だな。と感じました。

ぼくの考え方などは今までの1年間でだいぶ理解はしていただいてました。

そして今日スカイプをして改めてぼくの考えの元行動してれているな。と

 

 

感じることができたのは大きな収穫でした。

わざわざ話をしなくもいいのでっすがやっぱりちょっと

無機質だなぁと感じるので、もう少し会話のやりとりを交えていこう思います。

 

 

未だにお互い顔は未だに合わせたことはないです。

外注スタッフさんはバリバリの関西人で、わからないことはガンガン聞いてきてくれますし

あえて顔を合わせなくてもしっかり意思疎通すれば、全然成り立血ます。

 

 

今日スカイプしたことで、今後ぼくが物販を教えると言う

ビジョンが見えました。コンサルする場合って大体の場合は

教えてもらう人の顔ってお互い知らないんですよね。

少なくとも『教える側』は「教わる側」の顔を知らないことが大抵です。

 

 

『教える側』は顔を出して認識してもらわないとなかなか信用もらえないですが

「教わる側」の顔を知っているコンサルとかはなかなかありません。

コンサル募集でも相手の顔を知らないで、結果に対して可能性を感じてコンサルに

応募します。なので、ネットビジネスの業界ではお互いの顔を知っていることは

本当に稀だと思います。

 

 

ぼくは現在2つのビジネスチームに属しています。

1つはぼくがネットビジネスの世界に飛び込むきっかけになった

大恩師がメンターとしてついてくれている、ネットビジネスのコンサルティング。

 

 

実績もすごく組織で物販をやっています。

師匠の組織は師匠がいなくても回る仕組みを構築されていて、普通の企業を変わらないレベルです。

普通の企業も社長がいなくても会社は日々動いてますよね。

実績も億単位で物販を組織で行っていて人間性に関しても

尊敬してやまない、師匠です。

 

もう1つは中国輸入を得意分野として、かなりブーム、トレンドに敏感で、

仮想通貨も大ブームになる今年より前は当然のこと2016年l後半くらいから目をつ受けて

いた方で、現在は中国輸入で基盤を固めて、仮想通貨でがっつり稼いでいる方。

 

 

さっきまで所属してる中国輸入ビジネスチームの勉強会をしました。

ついさっきまでしてたのですが、メンターの顔は知っているものの

あまり顔出ししない方。かつ、かなりさっぱりしている性格でネットビジネスなんだから

顔は関係ないでしょ。という人。

 

 

そしてさっきまでの勉強会の中で出た話では

物販〜情報発信ビジネスモデルはある程度確率されてきている。

国内せどり = 参入障壁低 = マネタイズ即金性 高速的

輸入・輸出 = 参入障壁中 = マネタイズ即金性 中期的

実績を元に情報発信をする = マネタイズ即金性 長期的

 

物販は自分なり、組織なり行動すれば結果が出ます。

やれば必ず結果でます。必ずでる。

結果でないのは、間違った方法を実践しているか、行動量が足りていない。

 

余談ですが、ぼくが稼げて生活できるまでは会社員の給与があったから生活できてましたが

行動力が圧倒的に足りていませんでした。なので現在に至るまでトライアンドエラーを繰り返して

今に至ります。

そこで1つ言えるのは、正しい知識で行動すれば確実に稼げます。

 

 

せどりである程度稼いだ後のことは2択とよく言われています。

 

1つはせどりで突き抜ける。

もう1つはせどり情報発信で稼ぐ

 

後者は単純に資金を必要としない情報発信なので、情報発信している人はよく

資金・お金が貯まってきた感覚は情報発信してからという話は割と聞きます。

 

逆にせどりで突き抜けている人はがっつり稼いでます。なので

情報発信せずとも資金が貯まっています。

ぼくは『どちらかというと』現状は前者で、組織でせどりと輸入を

しています。そしてある程度外注スタッフさんにもマネタイズしてもらえてきてるので

この記事を書いているように情報発信をしてます。

 

 

勉強会は中国輸入の勉強会でしっかりした知識を学べました。

ただ中国輸入のメンターは結構アウトローかつ、自分の行っていることが

第一で考えるので、情報を提供し都度質問あれば質問くださいねー。

 

 

と行った感じ。はっきりと言われたのは、

2018年現在では物販である程度確率された情報では読み手は少ない。

今はトレンド的に仮想通貨や、電脳世界に目を向けるべき。と言うことを言われました。

 

 

その通りなのですが。

教わっている身のぼくからすると、そう言われてしまうと衝撃的!!

言ってることはその通りだけど、人間的少なからず感情で生きている部分は必ずあるので

寂しく感じます。しかしながら実力は折紙付なので、中国輸入を、ひいては情報を学ぶ場としては最適だと思います。

はっきり言って欲しい人とか、バッサリぶった切って欲しい人向けのスパルタ教育なイメージでしょうか。w

 

否定をしているのではなく、感じるところは人それぞれなのでその方針が

ドンピシャフィットしている人が事実います。

ぼくは一生徒の立場で、話を聞きながらも

自分の考えとは少し違う。

 

と考えます。それも中国輸入のコンサルと、国内物販事業を億単位の組織で

行っているネットビジネスの時本質を教わっている師匠のコンサル、

両方を受けて、ぼくの考えは確率してきているので、

 

結果としてはどちらも所属してよかった。と言う結論です。

 

と、日付変わって昨日は外注スタッフに『教える』立場と

勉強会で「教わる」立場の両方を体験する非常に有意義な日でした。

 

何より人生で初めてとなるスタッフさんへのスカイプでプチコンサルのような

経験ができて濃ゆ〜〜い1日でした。

 

それでは!!!!

 

【LINE@大募集です】

 

Line@やってます!!

『良い準備』していきましょう^^

QRコードはこちら

https://line.me/R/ti/p/%40bos7309f

検索手入力はこちら

@bos7309f

 

  • – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ブログ村やってます

10万もの数のブログが乱立する中

 

皆様のご協力で早くもぼくのブログは総合で

上位5%ランクイン

さ・ら・に!!!

 

中カテゴリー

お小遣い分野     上位3%にランクイン

 

ピンポイントカテゴリー

ネットビジネス分野  上位%にランクイン

と自分でも驚くほど

全ての分野で1桁の人気ブログにしていただきました!!

 

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ面白かったらポチ。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
応援が本当に励みになります

 

輸入・輸出の分野   上位%にランクイン

せどり分野      上位%にランクイン

 

本当にありがたく、やる気になります!!!

引き続きよろしくお願いします^^

 

必見!!過去売れた物コーナー!!】 結構評判がいいです)

  • – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2年前頃売れたもの

 

http://mnrate.com/item/aid/4788945754

 

購入額 →  300円

販売額 → 1350円

利益額 →  589円

中古本ですね!

利益率が高いのが特徴でなんと44%

こんなビジネスモデルないですね。

 

こちらも

2年前頃に売れたもの

http://mnrate.com/item/aid/B0171A4OC6

購入額 → 1000円

販売額 → 2490円

利益額 →  910円

 

こちらも利益率35%ほど。

会社員をしながらだったので薄利多売で行う手法はなかなか時間が取れず

副業では難しかったのでしょう。必然的に電車での移動時間などで情報収集して

効率飲みを意識していたのだと思います。

現在は物販メインで時間があるので、薄利(それでも最低15%の利益率は軸で持ってます)

のものもとっていく必要があると感じます。

 

自分の置かれている状況などで、ビジネスのスタイルは変わりますね。